白い錠剤のバルトレックスと肛門周辺症状

ヒップの肛門まわりに、なんとなく違和感を冠したら、それはヘルペスかもしれません。肛門周辺に初期症状のヘルペスがでていたら、吹き出物の痛みを感じやすくなります。もしくは肛門周りに、ひりひり感を感じることもあります。

治し方としては、白い錠剤のバルトレックスを飲む方法もあります。肛門周辺のヘルペスは、かゆみや痛みを重なったり、吹き出物や違和感を感じるので、自分でも気がつきやすいです。ヘルペスとわかったら、白い薬のバルトレックスの服用を、すぐにでも開始します。

バルトレックスは、なぜすぐ飲み始めるのがいいかというと、症状を実感してすぐの方が、ウイルス増殖をそれだけ少ない範囲にとどめて、軽くすることができるためです。早期治療となりますから、白い錠剤をすぐに飲むことです。

正規ヘルペスを起きた時には、1日あたりに2度のバルトレックスの服用をします。時間を決めておくと忘れないですし、感覚的にもちょうど良くなります。朝の時間帯で8時に1錠を飲んだとしたら、2回目に飲むのは夜の時間帯になって8時くらいがちょうどいいです。その頃になったら、1日に2度の2買い目の錠剤を、水と一緒に飲みましょう。

特に食事の前であっても、その後でも構わないので決まりはないです。効果はどちらでもあるますが、迷ったらごはんを食べたあとのほうがいいでしょう。医薬品は強い薬の成分がありますから、その成分が空腹時の胃腸を荒らすこともあります。

いつも通りにごはんを食べて、胃になにかものをいれてから、医薬品の服用をしたほうが、胃腸を荒らす心配は少なくなります。そうすれば、胃の中にあるたべものと一緒に、バルトレックスの医薬品も消化が無理なくされることになります。水分は大事なので、コップに1杯の水は飲みましょう。

ページの先頭へ戻る